むかしといまをみらいにつなぐ

2008年04月02日

滋賀・五個荘町

近江商人の発祥の地として知られる五個荘町は、商人の本宅が建ち並ぶ古くからの集落です。広大な敷地を塀で囲み、数奇屋風の離れや土蔵を建て、池や築山を配した大きな日本庭園が特徴です。その建物や庭の美しさに、あらためて伝統的な歴史建築の魅力を感じます。
スケッチの建物は、草屋根に切り妻の下屋がついた農家住宅であったと思われます。「ワリヅマ」と呼ばれる妻梁を二本に割ってかけた姿が面白いと思いました。奈良で見かける大和づくりに似ています。
集落は平成10年に国の重要伝統的建物群保存地区に指定されています。

滋賀・五個荘町






posted by matsui at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。