むかしといまをみらいにつなぐ

2011年04月11日

長く使える仮設住宅

木組ゼミの今回の課題は「長く使える仮設住宅」です。被災地の仮設住宅が不足していることから、国土交通省は、地域産材を使った地元雇用の仮設住宅建設を指示しました。そこで、木組による被災者のための、仮設住宅から復興住宅に移行できる、家づくりをテーマとした。木組みの特徴である、組んでは外しまた組み直せる、使いまわしのきく住宅を考えようと、ゼミの課題として受講生の提案をお願いした。一日の課題であったが、みな熱心に取り組んでくれた。提案は、3間角のミニマム住宅から少し大きな集合住宅まで。みんなの知恵を何とか生かしたいと思う。問題は受け入れ先と拠点づくりだ。

mini-DSCN0011.jpg


posted by matsui at 21:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。