むかしといまをみらいにつなぐ

2011年07月14日

木材検査・吉祥寺の家U

毎回のことですが、木材検査では合格しない材を交換してもらいます。
一棟につき数本から十数本。含水率や材寸、死節や割れを検査します。
山との会話は発注の折に、図面見ながら出してもらうところから始まっています。
時間をかけて吟味すると伝票ではわからない素材の姿が見えます。

mini-DSCN0005.jpg



posted by matsui at 10:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

J-SENCEの勉強会を行いました

110709j-sence.JPG

大学の先輩でもある建築家丸谷博男の主催する「J-SENCE」の勉強会が松井事務所で行われました。
日本の民家の構造や、「き」組で実践している共存共栄のしくみを、松井が講義しました。
現代の日本の住宅を共に考える、楽しい意見交換ができました。
posted by matsui at 10:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

免震の工夫「朝霞の家」完成内覧会 報告

「朝霞の家」の完成内覧会が、盛況のうちに終わりました。足元フリーの免震の工夫をした建物です。実は、建て主さんも特殊な工作物の設計者なので、お友達で免震のプロの方が見学に来られました。
この家は、平らな基礎の上に土台と足固めを併用し、巨大地震に見舞われても、足元が滑って上物が壊れない工夫があります。つまり、免震的な動きをするということです。
現在、国交省が実大実験で検討している、足元フリーの工夫を先取りした建物です。
ただし、アンカーボルトで緊結しないことが条件なので、現行法のもとでは、アンカーを切ることができません…
石場置きの免震性能が解明されて、この建物にも採用される日が来るといいですね。

mini-DSC00883.jpg

mini-DSCN0064.jpg

mini-DSCN0016.jpg

mini-DSC_6244.jpg

posted by matsui at 13:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。