むかしといまをみらいにつなぐ

2011年08月01日

あきる野の家・再訪

久しぶりに「あきるの家」を訪れました。
8年たって外部も落ち着いて、すっかり自然の中になじんでいました。
裏山の木を伐って造った、足かけ5年をかけた民家再生です。

mini-DSCN0023.jpg

mini-DSCN0019.jpg

mini-DSCN0020.jpg

mini-DSCN0021.jpg


posted by matsui at 10:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

「井土ヶ谷の家」高窓

110727idogayano_ie.JPG

「井土ヶ谷の家」の越屋根に窓が入りました。
室内の熱気は、屋根なりに昇ってこの窓から抜けていくので、夏でも二階で涼しく過ごせます。
「き」組の家に一年点検に行くと、みなさんエアコンをほとんど使わずに生活されています。
深い軒による日射の調節、風通しの良さ、漆喰の調温湿作で、
機械に頼らずに、夏に涼しい家になります。エアコンが苦手な方も安心です。
posted by matsui at 09:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

木材検査・柱

柱材を墨付け前に検査しました。
天竜の木には、履歴がわかるバーコードがついています。
どの山で、だれがいつ伐採したか、また製材した日、出荷した日などがわかります。
今回は桧の柱ですが、どの柱も問題なく良い木でした。

mini-DSCN0005.jpg
posted by matsui at 16:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。